佐々木歯科のロゴ

入れ歯作りは楽しい~患者様が感動する義歯を作るために~


佐々木純二の「義歯の苦手な歯科技工士・歯科医師のためのワンポイントレッスン」(序章)

私が歯科大学を卒業した頃、ミリングテクニックやコーヌス義歯、金属床などといった職人芸とでも言えるような芸術的な義歯の全盛期でした。経験の少ない私にとっては、憧れの義歯でした。その後「歯を削らない」ミニマムトリートメントの時代になり、歯周病の病態も解明されるとともに、これらの義歯の弱点も明らかにされていきました。その結果、このような義歯は徐々に廃れていきました。

但し、この時代に発展したオーソドックスなクラスプを使用した義歯はずっと名人の技工士さんによって今日まで受け継がれてきました。しかしながら「高度な技術を要する。」「完成までの工程が煩雑。」「歯科医師の能力に左右される。」などの問題点が多く、義歯を目指す技工士さんも少なくなり、名人の業を受け継ぐ技工士さんは、わずかになってしまいました。

時代は見かけ優先へ傾きノンクラスプデンチャーがもてはやされています。また保険の義歯も患者さん・歯科医師の「クラスプを目立たないように。食べ物が挟まらないように隙間なく」等の義歯のセオリーを無視した要望のため歯科技工士もその無理難題に応えるために苦労してきました。

  • クラスプを目立たない低い位置に
  • 義歯と歯との間に隙間なく
  • とりあえず入る

この3つのポイントが最重要視された結果、アンダーカットゼロクラスプ、維持は隣接面部の逆カーブ(陥凹面)に任せる

というとんでもない義歯が横行しています。

しかしこの作り方の義歯は、もはや義歯ではありません。とりあえず、口の中に入っているだけのもので、到底義歯本来の「よく噛める、バネもゆるまない。違和感がない。」という機能は、ほぼ発揮できません。

また、流行りのノンクラスプデンチャーですが、保険の義歯の理論を理解しちゃんと作れないと(装着・調整できないと)まともなものはできません。つまりノンクラスプデンチャーは保険義歯が苦手な歯科技工士・歯科医師の逃げ場とはなりません。

佐々木歯科では「よく嚙める」「外れない」「入れているのを忘れる」「義歯だと気付かれない」本当の義歯をこれまで作ってきました。

そのノウハウをたくさんの歯科技工士や歯科医師に伝えて少しでも義歯の悩みをかかえている患者様の役に立ちたいと思います。

次回から少しずつ役に立つ情報を発信して行きます。ご期待ください。