佐々木歯科のロゴ

保険で出来る奥歯の白いかぶせもの、CAD/CAM(キャドキャム)冠について

神経を取った後などに入れるかぶせもの、奥歯だと銀歯になってしまうイメージがありませんか?

最近(平成26年4月~)は、白いかぶせものが健康保険で出来るのをご存知でしょうか?

3Dプリンターを用いてハイブリッドレジン(プラスチックとセラミックの混合物)を削り出して作られます。
最近の3Dプリンターによる加工は適合も良好です。

上の図のように今までは、上下の4番目、5番目の歯(小臼歯)のみに適用されていましたが平成29年12月より、条件付きですが、下の6番目の歯(大臼歯)にも適用できるようになりました。

費用は?

一本につき
3割負担の方 約5400円

2割負担   約3600円

1割負担   約1800円

※完成時の費用で、その前に型取り代等は別途かかります。

自費の白いかぶせものとの違いは?

自費の白いかぶせものに比べると美しさ、強度では劣りますが「奥歯で銀歯はイヤで、白ければよい」と言う方には良いと思います。

自費の白いかぶせものでもハイブリッドクラウン(冠)はありますが保険のCAD/CAM(キャドキャム)冠との違いは、保険外のハイブリッドクラウン(冠)には金属の裏打ちがある分強度が高いです。(下図)

その他、ジルコニア冠やジルボンド冠(ジルコニア+セラミック)など保険外と言っても種類がありますので説明させていただいた上でご検討、ご選択ください。

注意点

①保険の白いかぶせものが適さない方は?

a 食いしばりが強い方  咬合力によって、破折する恐れがあります。

b 部分入れ歯の金具が、かかる場合  力がかかるので破折する可能性が高くおすすめできません。

以上に当てはまる方で、銀歯のかぶせものがイヤな方は、強度の強い保険外の白いかぶせものをご検討ください。

②脱落することがある。

材料の性質上、セメントでくっつけても脱落することがあります。外れたものを持ってきてもらったらそのまま再装着出来る事が多いです。

③インレーは対象外です。

上図のように部分的な詰め物(インレー)は、4番目・5番目でも保険適用は、銀歯の詰め物になります。

 

上図のように白いインレーにするには、セラミック、ハイブリッドにかかわらず保険外診療となります。

なにかご不明な点があればお尋ねください。