佐々木歯科のロゴ

歯を抜かない痛くない矯正治療

佐々木歯科では、歯を抜かない(非抜歯)矯正を取り入れています。

現状、日本の矯正治療においては健全な小臼歯を4本抜いて歯並びを整えるという方法が一般に行われています。

しかし、すでにアメリカでは非抜歯矯正が主流となっています。前歯の歯並びを良くするのに本当に歯を4本も抜いて良いのでしょうか?矯正した後も成人~老後と、歯は一生使うものです。

歯を抜かなければ、歯は残るし、痛みも少なく、早く治ります。歯を抜かなければ、抜いて矯正した場合よりも、すこぶる良く咬めます。

非抜歯矯正

重なりあって生え、抜かないで治療する事は不可能に思えても、実際には根の先は等間隔に存在していて、歯が傾いて生えているために悪い歯並びを作っています。

つまり傾いた歯を正しい方向に起こすことによって95%以上のケースでは、きれいな歯並びを作ることが可能です。

痛みの少ない矯正

当院では不正咬合の原因となっている不良習癖を除去するため取り外し式のバイトプレートを入れ、筋肉の力をほぐしてからワイヤーを入れる方法を取っています。
このためワイヤ―を使う頃には弱い力でスッと歯が動きます。

また矯正専門医で使うワイヤー(014インチ、016インチ)よりもずっと細いワイヤー(形状記憶合金の010インチ、012インチ)を使い、優しい矯正力のため痛みもあまり有りません。
そのワイヤーを特別な方法を用いて弱い力で楽に歯を動かすことができます。

治療期間が短い

image001

期間は小学生で6ヵ月~8か月、成人でも1年ぐらい。

基本的には歯を抜かないで、最新の技術で行いますので、治療期間は一年を目安として行います。小学生から中学生がいちばんベストの年齢です。

50代、60代の方でも矯正は可能です。

治療費が安い

image003

佐々木歯科の歯を抜かない歯列矯正は、短期間のうちに安全で確実になおりますから、治療費用も合理的、明朗会計で安心して治療を開始できます。

矯正で側方拡大はしない

%e5%ba%8a%e8%a3%85%e7%bd%ae

床装置による側方拡大を行う矯正はしません。

まず、治療期間の目安が立てにくく、結局数年使っても歯並びが良くならないこともあるようです。
また、側方拡大の矯正は奥歯が噛めなくなるなどリスクが大きいのです。

咬めなくなれば学力やスポーツの能力が落ちます。

image007

image009

 

 

 

 

 

 

又、成長期の日中に口の中に異物をいれておくことになり、脳の発育を阻害します。こういう危険な側方拡大は行いません。

※小児(7歳~10歳程度)の前歯の反対咬合で一時的に夜間のみ装着してもらう床装置を使う場合はありますが、側方拡大はしません。